2010/09/26

自身の欠点を効果的に伝える法

【スポンサードリンク】

商品のデメリットはどう伝えるべきか?

http://allabout.co.jp/gm/gc/21072/

 

 自社製品の欠点を伝えることは、営業にとって非常に難しいです。しかし、自社製品のデメリットを説明していないために、後からクレームがきたり、お客様が離れていったりすることも多くあります。かといって、デメリットを言い過ぎると、そもそも自社の製品を購入してもらえなくなってしまいます。

 今回紹介するコラムは、相手によってどのようにデメリットを伝えればよいかを紹介したコラムです。商品に限らず、新しい取引先をを開拓する際、自社と取引をすることがどのようなメリットがあり、どのようなデメリットがあるか、を説明することは多くあります。そのような際も使えるテクニックになっていますので、ぜひ一読してみてください。

 デメリットを考える際に最も大事なのは、相手にとってのデメリットの重大さをきちんと認識し、伝えることです。A社でデメリットだったことでも、B社ではデメリットにはならないかもしれません。逆に、A社でメリットだったことが、B社ではデメリットになるかもしれません。

 起業したての頃は規模も小さいため、会社としてできないことが多く、相手方にどのように自社の欠点を伝えるか迷うことでしょう。相手方にメリットもデメリットも両方理解して取引してもらうためには、自分自身がメリットとデメリットをしっかり把握していることが重要となります。

【スポンサードリンク】

コメントは受け付けていません。


Go Top