独立・開業・起業の準備

【スポンサードリンク】

seminer会社員、アルバイト従業員、組織内では様々な立場であっても独立起業してしまえば立派な経営者となります。
しかし、いくら「独立して会社を起してみたい」という思いが強くても事前のプランがしっかりしていなくては失敗に終わってしまいます。
どのような商品を扱いどんなサービスを行なうのかといった概要だけではなく、ターゲットとなる性別や年齢層に加え、それらのニーズにどのように応えていくかといった色調を明確にしなければならないのは当然でしょう。
そのためには、時代をキャッチするコンテンポラリー能力は問われてきます。また、自身の得意分野と人脈を生かせること、更に参戦する市場での優位性などもしっかり見極めなければなりません。
そして、サービス業ならどこを商圏にしていくのかというのが最大の要因となってくるため、マーケティングリサーチも欠かさず行なうことが望ましいでしょう。
漠然としたイメージではなく書面にて事業プランやスキームをまとめ上げることも必要です。
起こす会社の骨組みが整ったら、そこで初めて法人手続きへ入るわけです。
運転資金として初期費用だけは貯めておくことが望ましいですが、時代の流れを取り逃せないタイミングというのが存在するのも確かです。
確実性がある場合は、法人手続きをしながら日本政策金融公庫に融資申し込みを行ってスタートを切るのも一つの手でしょう。
独立というのは、自分の人生を左右する一大事業になるわけですから、見切り発車の起業だけは避けたいものです。

【スポンサードリンク】

Go Top