独立の資格

【スポンサードリンク】

kigyou独立起業する場合、今まで培ってきた仕事を経営者の立場として幅広く事業展開していこうと考える方もいれば、全く未経験の分野でチャレンジしようとする方など、その選択の道は様々です。
未経験分野へのチャレンジで多いのは、新たに資格を取得して独立するという完全新規起業でしょう。
資格といっても国家資格もあれば民間の資格など色々あります。
最近ではファイナンシャルプランナーや行政書士といった、企業や個人の生活サポートとなる資格を取得される方が多いようです。
特に行政書士は、2002年7月1日の行政書士法改正により、許認可申請書類や権利義務、事実証明に関する書類を依頼者に代わって作成し官公署への提出を代理人として行なうことができるようになったため、法律家としての業務を合理的にこなすことが可能となったことが大きいです。
また、景気悪化の影響で、各企業が事業の見直しを迫られることも多く、その手助けとなる中小企業診断士といった資格を取ってコンサルタント業を設立する人も増えました。
景気が後退すれば人々は安らぎを求めるため、近年では癒しブームの後押しもあり、マッサージ師やエステティシャンといった技術職の資格を取る方も増えてきました。
共通して言えることは、時代時代で世の中のニーズも変化するため、人気資格というのも時代によって移り変わっているということです。
趣味や転職のための資格取得なら問題はありませんが、独立起業として資格を取る場合は、今後の経済界や国民文化の行く末をしっかり見極めて判断することが必要でしょう。

参考サイト
「資格の王道」

http://www.shikakude.com/

「資格を取って独立・起業!」

http://o-siro.com/009.html

【スポンサードリンク】

Go Top