会社設立代行サービス

【スポンサードリンク】

会社の設立を行う場合、新規で会社を設立する方、個人事業を法人事業にしたい方、どちらも株式登記するために定款作成や印鑑作成、各書類作成など不慣れなことをこなさなければなりません。
書類にミスがあれば認証も受けられないので、人によっては設立代行業者にお任せする場合もあります。
設立代行を行なってくれる機関は、行政書士事務所や会計事務所、また経営コンサルタント会社でも代行することがあります。
費用は、手続費用の約24万円に代行手数料として各代行業者指定の料金を上乗せした金額となりますが、業者によってはキャンペーン期間を設けて格安手数料で依頼を引き受けてくれたり、設立後のサポートパックとして社会保険関係の代行料金の割引や、税理士の斡旋、融資先の紹介等を行なう所もあります。また、会社運営上、許認可が別途必要となる業種もありますので、その許認可申請も代行業者は引き受けてくれます。
人材派遣業なら労働者派遣事業許可、飲食店や食品の製造販売業なら食品営業許可、運送業なら貨物自動車運送事業許可などが必要となり、取り扱い窓口も保健所だったり運輸局だったり業種によって違いますので、認可が必要な場合は会社設立手続きと同時に許可申請の代行を依頼するのが良いでしょう。

【スポンサードリンク】

Go Top