カフェの独立・開業・起業

【スポンサードリンク】

カフェの開業は、「飲食店」の項目で記載したのと同じく食品衛生管理者資格を取得した上で保健所から営業許可申請書を交付してもらわなければなりません。
出店予定地域の市場調査を行なった上で、店舗を決めるという流れは飲食店の準備段階と同じといっていいでしょう。
深夜営業も視野に入れる場合は別途、深夜営業の届出を所轄の警察署に申請しなければならなりません。
カフェは飲食店に比べ、店内スペースも広く取る必要はないので、初めて開業を目指す方にとっては資金も抑えられるメリットがあります。
料理メニューを絞り、ドリンクを充実させれば厨房設備への資金も少なく済みます。
20坪以内の居抜き店舗の場合、店舗保証金と設備費用で約500~700万円で開業は可能です。営業スタイルでいえば、単価を低く設定して回転率を上げる手法か、癒し空間としてゆったりくつろげるスタイルかで、利益率もガラリと変わってくるようです。
ベッドタウンの駅近くで回転率を早めるスタイルの店を出店すれば客は寄り付きませんから、店内デザインやサービス内容より市場調査をしっかり行なうことは絶対条件となります。
全てが整ったら、オープン前宣伝として告知のチラシ作成や、ブログまたはHPを開設して宣伝活動を行なうのも一つの手です。

【スポンサードリンク】

Go Top