デザイナーの独立・開業・起業

【スポンサードリンク】

デザイナーといってもジャンルは様々です。建築デザイナー・グラフィックデザイナー・ファッションデザイナー・WEBデザイナーなど、挙げれば星の数ほどあるかもしれませんが、アーティストとしての才能が必要となる職業という点では共通しています。
資格に関しても、モノをデザインするために必ず取得しておかなければならないものではありませんが、多くのデザイナーは各種専門の学校で技術を学び、そこで取得した資格を生かして職に就いているのが現状です。
専門学校の受講料は学校によって違いはありますが、2年間で100~200万円が相場でしょう。ジャンルは違えど、このデザイナー業界というのはとにかくコネクションが必要不可欠です。
卒業後に即開業するより、まずはデザイン事務所や企業内のクリエーターとして経験を積み、そして多くの人脈を作ることが賢明と思われます。
そこまでの道のりを経て、自立営業していけると判断できれば、後は自宅でも開業は可能な商売です。
技術とセンス、そして人脈さえあれば資金の心配はいらないといっても過言ではありません。ただし、クライアントとの契約というのは、自分の生活や将来にも直結することになるので、特定商取引法など個人事業主として商法もしっかり勉強して、契約トラブルが起きても迅速に対処できる体制は整えておきたいものです。

文化服装学院

http://www.bunka-fc.ac.jp/index.html

日本グラフィックデザイナー協会

http://www.jagda.org/

日本インテリアデザイナー協会

http://www.jid.or.jp/

【スポンサードリンク】

Go Top