FC(フランチャイズ)の独立・開業・起業

【スポンサードリンク】

企業の加盟店となって事業オーナーとして独立できるフランチャイズ制度。
コンビニ・飲食店と、業種は様々存在しています。
メリットは、完全独立開業と違って、初期費用が抑えられる点です。
大手コンビニチェーン各社では、契約時の加盟金と開店準備手数料を合わせて150万円以内に設定しているため、加盟希望者の資金負担は一昔前よりも少なくなりました。
このような小売り店のフランチャイズの場合は、既に経営マニュアルが確立されており、仕入れルートも自分で開拓する必要もないので、完全独立に比べ戦略という点での苦労もかなり軽減されます。
ラーメン屋や居酒屋などのフランチャイズ店の場合は、技術研修として既存店舗で腕を磨くことが必要となり、そこで店主やオーナーから合格をもらって初めて独立出店とはなる場合が多いです。
開業までに必要な資金は、研修費や保証金等を合わせて200~300万円といわれています。食材仕入れや備品調達もグループ内で一本化されており、ランニングコスト面でのサポートを受けられる点がメリットとなります。
フランチャイズ出店は、費用や技術支援といった面での恩恵を受けられる代わりに、自分の色を出せないというデメリットがあるのも忘れてはなりません。完全独立までは踏み出せないという方にはお勧めの開業方法です。

フランチャイズ比較ネット

http://www.fc-hikaku.net/index.php

フランチャイズナビ

http://www.franchise-navi.jp/

【スポンサードリンク】

Go Top