学習塾の独立・開業・起業

【スポンサードリンク】

学習塾を開業する場合、何も自分が講師になる必要はありません。
ただし、この場合は各種専門知識を持った優秀な講師を集められるという場合に限られるでしょう。
新規立ち上げの場合は、どうしても大手の塾と比べて生徒確保が難しいといわれています。
オーナーとして開業する場合は、講師と生徒の両方を確保することで手一杯となる可能性が高いということです。
ご自身が小・中学校の数学や英語などの知識を有していれば、自宅でも開業はできる商売です。いかに生徒を増やすかで経営は左右されてしまうので、費用をかけすぎずに地域密着でじっくり進めることが望ましいでしょう。
授業内容は、生徒の中学受験や高校受験を考えた場合は、カリキュラムや模擬試験を充実させなければなりません。
学校授業の補足的な塾にする場合は、学校の授業把握と中間試験や期末試験の傾向も理解しておかなければなりません。
大学にて教員免許を取得した人でも、講師としての才能を開花させられるわけでもないのが、この塾業界といわれています。
生徒一人一人の足りない部分を常に把握し、それを補う授業を提供できなければ生徒の学力も上がりません。それは生徒数の減少にも繋がるので、心理的な側面から人物を捉えられるようにしておくことは不可欠なようです。
開業時の資金面でいえば、自宅の一部屋を利用するならお金はかかりません。大手のフランチャイズ塾として開業した場合は、加盟金や毎月の教材使用料など細かな費用がかかるため、生徒確保で成果を上げなければ経営は圧迫される場合もあります。
しかし、一旦軌道に乗れば、狭い地域での口コミで生徒は毎年確保できるでしょう。

フランチャイズ比較.NET(学習塾)

http://www.fc-hikaku.net/

自宅で開ける学習塾独立開業マニュアル案内

http://www.size-web.info/offline/jyuku.html

アントレnet(独立開業・学習塾)

http://entre.yahoo.co.jp/%8Aw%8FK%8Fm/dokuritsu.html

【スポンサードリンク】

Go Top