建築士の独立・開業・起業

【スポンサードリンク】

建築士になるには1級・2級・木造といった国家資格が必要となってきます。コンクリート構造の建築物や大型な建築物は1級建築士、それ以下の建築物は2級建築士、木造建築士は木造のみの建築物の設計や工事管理を行なうことができます。
独立開業する方はこれらの資格プラス、インテリアコーディネーターなどの資格も合わせて取得し、外装内装の両面で依頼者の要望に応えていくというスタイルをとっている場合が多いです。
まずは資格取得のために建築学を学ばなければなりません。学校で講義を習得した後、資格試験を受けることになりますが、合格後に即開業をしたとしても実績を提示することが出来ないため、まずは建築会社や設計事務所で経験を積まなければなりません。
自分が手掛けた建築物を多く有するようになれば、その実績を看板として開業することも可能となります。
2級建築士の資格は専門の学校で取得できます。独立開業には欠かせない1級建築士の資格となると、受験資格として、2級建築士として4年以上の実務経験者か、2年制短大か高専の正規建築または土木に関する課程を卒業して4年以上の実務経験を有する者、または大学の建築または土木に関する課程を卒業して2年以上の実務経験を有する者、といった規定があります。
とにかく建築物というのは構造欠陥があれば人の命にも係わってくるものなので、建築士としての社会的責任も証明しなければなりません。
その場合は任意ではありますが、日本建築士会連合会が管理するCPD制度に登録することで、常に技術向上のための研修に参加し社会的信頼を上げていくことが可能となります。
開業の費用は事務所契約費とオフィス用品代でまかなえますが、実績と信頼を身に付けることがまずは先決でしょう。

(財)建築技術教育普及センター

http://www.jaeic.or.jp/

(社)日本建築士会連合会

http://www.kenchikushikai.or.jp/

【スポンサードリンク】

Go Top