公認会計士の独立・開業・起業

【スポンサードリンク】

公認会計士というのは、企業の財務諸表を調査及び証明するといった独占業務を担う職業です。
監査や税務業務も扱うため、企業コンサルタントとして活動される方も多いです。社会的影響も大きいため、資格合格率は司法試験と並ぶほどの難関ともいわれています。
資格試験は短文式試験と論文式試験とに分かれており、短文式の試験内容は財務会計論、管理会計論、監査論、企業法の4つ、論文式では会計学、監査論、企業法、租税法及び選択科目の4つが出題されます。
司法書士試験に備える場合と同じく、公認会計士資格を目指す際も講座を受けて知識を身に付けていくことは必要不可欠です。
通信講座の場合、各学校の受講料は50~70万円代となっておりますが、コースによっては日商簿記検定の資格も同時に目指すことも可能で、将来の独立開業には大いに役立つといえるでしょう。
ただし、開業するには日本公認会計士協会が認定する公認会計士にならなくてはならず、そのためには実務補習所の必要単位を取得及び業務補助の期間が2年以上経過した上で修了考査を合格しなければなりません。
そこで初めて公認会計士の呼称で開業が可能となります。
開業登録手数料は約1万円です。資格取得後に即開業は出来ませんが、その分学ぶべき事も多い職種といえるでしょう。
近年、企業の情報開示や会計基準の国際標準化が進んでおり、会計士の業務は年々増えているといえます。
時間はかかりますが、将来の独立開業への道のりは決して回り道ではないということも忘れてはなりません。

日本公認会計士協会

http://www.hp.jicpa.or.jp/index2.html

資格の学校TAC・公認会計士

http://www.tac-school.co.jp/kouza_kaikei/index.html

資格の大原・公認会計士

http://www.o-hara.ac.jp/best/kaikeisi/

【スポンサードリンク】

Go Top