サロン(エステ・ネイル)の独立・開業・起業

【スポンサードリンク】

かつては女性の美のために存在していたエステサロンやネイルサロン。
時代は変わり、今や男性も通うほど世の中に認知されてきた業種です。サロンの経営を望む人もそれに比例して増加の一途を辿っていますが、実はこのエステやネイルの技術者になるための国家資格は日本には存在しません。
民間団体が認定する資格を取得すれば誰でも開業できる業種であり、そのためには、まず技術を身に付けるために専門の学校に通うのが望ましいでしょう。
民間のスクールは全国に数多く存在し、希望コースを受講して卒業試験に合格すれば技術認定証を取得できるといった流れが主流です。
社会人が空いた時間を利用して通学できるコースや、自宅で身に付ける通信講座もあります。受講料金も数万円~20万円ほどなのでリーズナブルといえます。
また、スクールの中には認定後の開業支援として、機材や商材のレンタルまたは販売も行なっている所も多く、サポート体制を受けての営業が可能となります。
エステサロン、ネイルサロン、どちらにしても自宅のスペースを利用して開業できることが大きなメリットです。よって、資金もスクール受講料と、商材仕入れ、機材代金、宣伝チラシ印刷代など、50~100万円以内で済ませることができます。
この業種は、とにかく技術レベルが一番大切で、次に癒しの空間演出が必要となります。この2点さえ間違えなければ評判は口コミで広がっていく可能性が高いでしょう。

日本エステティック協会

http://www.ajesthe.jp/

日本ネイリスト協会

http://jna.jugem.jp/

トータルビューティカレッジ

http://www.umigame-beauty.com/

ネイルスクール・イノセント

http://www.nail-innocent.com/

国際エステティック事業共同組合

http://iekk.com/

【スポンサードリンク】

Go Top