会社設立にかかる費用

【スポンサードリンク】

bill会社を設立するためには様々な手続きが必要となり時間と労力も強いられますから、「そういった事務的部分は専門家に任せて自分は開業後のことに集中したい」と、考える方も多いかと思います。
事務手続きは行政書士事務所などで代行をしてくれますが、その分、代行手数料として数万円~数十万円ほど多くかかってしまいます。
少しでも節約したいと思われる場合は、自力で処理するもの一つの手でしょう。必要費用は、登記申請の収入印紙代15万円、定款認証手数料が5万円、定款認証の収入印紙代が4万円、他に登記簿謄本の登記印紙代、印鑑証明の登記印紙代も合わせて約24万円となります。
電子定款認証という処理を行なえば定款認証印紙代の4万円は不要となるのですが、これを自分で行なうためには、パソコンへインストールするための「電子公証クライアント」や、「Adobe Acrobat」といったソフトを購入する必要があり、必要ソフトだけで10万円ほどかかってしまうことを考えれば定款認証印紙代を用意する方が割安ということになります。
ただし、代行業者の手数料が4万円以下なら自力手続きと総額が代わらないため代行を依頼しても良いでしょう。
代行業者によってパック料金も様々で、代行手数料が10万円と割高の場合でもアフターサービスとして経営支援なども行なってくれる所もあるようなので、提携の一環と捉えて依頼するのも良いかもしれません。

【スポンサードリンク】

Go Top