起業・独立の為の資金と費用

【スポンサードリンク】

起業を考える方は、まず資金捻出の事で頭を悩まされることも多いでしょう。会社から固定給を貰える立場から、自ら売り上げを上げて給料を確保する立場へと代わるわけですから、事前に余剰資金を貯めておくことは賢明であります。個人事業主の場合ですと、初期段階の事務所契約費や運転資金を身内から借りる方もおられるようですが、従業員を雇う中小規模の会社を経営される場合は必要となってくる費用も様々です。
そのため、業務内容や事業戦略も大事ですがビジネスモデルに沿った資金プランも明確にしなければなりません。
成功した起業家の共通する部分は、公的機関からの融資を受けても初期段階では相当の経費節約をしているという点が挙げられます。
この公的機関の代表格といえば、政府系金融機関の“日本政策金融公庫”(「起業への融資」参照)が挙げられますが、自己資金が少ない場合はこのような機関から融資を受ける場合に備えて、経費を抑えた明確な運営ビジョンを示さなければなりません。
飲食業などでは、物件の契約から内装費用、仕入れ代等で数百万円は必要となりますから、当然金融機関の審査も成長性だけでなく健全経営という部分を重要視します。
アイデア勝負で文字通り、裸一貫で会社を起こして成功したという例もあるようですが、リスクを背負って本業が疎かになってしまう恐れを考えれば、ある程度の資金は貯めておきたいものです。

【スポンサードリンク】

Go Top