2010/03/20

倒産寸前の企業を立て直す!ファイベストの前田氏

【スポンサードリンク】

倒産寸前の窮地から一転、成長軌道へ 光部品業界に風穴を開けた日立技術者 ファイベスト会長 前田 稔
http://diamond.jp/series/entrepreneur/10100/

 社員個人の能力は十分に高いのに、売り上げがあがらない・・・そのような場合は、経営手法に問題があることが多いです。社員を上手くまとめきれておらず、寄り合い所帯になってしまい、企業の体をなしていない。そのような状況から経営を受け継ぎ、経営を再建させた日立系列の「ファイベスト」会長、前田氏。今回紹介するコラムは、この前田氏の体験をまとめたものです。現場の第一線で活躍していた人々が起業をする際、一番始めにぶつかる問題が、この経営手法の問題ではないでしょうか。このコラムには、上手な経営へのヒントがちりばめられています。
 やはり、始めは経営の基本をマスターすることです。いくら斬新なモノを創ることに成功したとしても、売れなければ、もっといえば利益を出せなければ必ず破綻します。そうならないためには、材料を安く仕入れ原価を減らす、タイムスケジュールをしっかりと管理し納期をきちんと守る、といった当たり前のことを当たり前のように行えることが前提となります。その上で、会社の方向性をきちんと示していくというのが、基本的な経営手法です。
 前田氏はファイベストの事業、従業員の価値が最大化される道が競合他社との経営統合なら、それもありうるという主旨のことを述べています。自社の独立性にこだわらず、自社や従業員の価値に重きを置く考え方は、私としても舌を巻く思いです。目先のことやプライドにこだわらず、大きな視点で企業を考える目は、なかなか持つことができません。ぜひ、一読してみてください。

【スポンサードリンク】

この記事に関するコメントを行う

お名前  *
メールアドレス  *
ウェブサイト
コメント:  *

スポンサーサイト


Go Top