会社設立・起業の流れと手続き

【スポンサードリンク】

syorui独立起業を考える方が多くなってきた昨今、“意気込みあっても先立つものがなければ前進せず”というように、まずは会社設立のために必要な手続きを踏まなければなりません。
ここでは、難しく思われるこの会社設立手続きについて分かりやすくお伝えしたいと思います。
まずは簡単な流れとしまして、会社名となる『商号』を決め、『所在地』『目的』も同時に決めます。『目的』は、登記事項に記す要項となり、小売業・サービス業という分類だけでなく、飲食店の経営・内装工事業といった絞り込み分類も可能です。同時に業務上必要となる『各種印鑑』の作成も行います。
そして最重要部分となる『定款』を作成します。(「会社設立定款」を参照)
署名捺印後に公証役場からの認証を受け、次に『出資金の払い込み』として、発起人または代表者名義で作った口座へ資金の振込みを行います。この時の記帳のコピー書類と定款書類と併せ、『設立登記申請』『設立時取締役就任承諾書』『資本金額の計上証明書』『印鑑届書』等を会社所在地の管轄法務局へ提出して登記申請を行います。
登記完了後は、登記簿謄本と印鑑証明で銀行の法人口座の開設が可能となります。晴れて会社設立の完了です。

【スポンサードリンク】

Go Top