会社設立届出

【スポンサードリンク】

会社設立に必要な書類提出を済ませて無事登記完了となれば、晴れて法人企業としてスタートを切るわけですが、これで全て完了ではありません。
次なるステップとして、税務手続きの書類を税務署や社会保険事務所へ提出しなければなりません。
税務署へは、設立後2ヶ月以内に『法人設立届書』、設立1ヶ月以内に役員報酬や給料を支払うための『給料支払い事務所等の開設届書』、設立後3ヶ月経過もしくは第一期の事業年度終了日のどちらか早い日の前日に、『青色申告の承認申請書』、そして青色申告の承認申請書が承認されると、給料から天引きした所得税納付期限を一定期先延ばしできるといった恩恵を受けられる『源泉所得税の納期特例の承認申請書』を特例を受けようとする前月末に提出します。『法人設立届出書』に関しては、登記簿謄本と定款を添付して提出します。
社会保険事務所への提出書類は『健康保険・厚生年金保険新規適用届』、『新規適用事業所現況届』、『健康保険被扶養者届』、『健康保険・厚生年金保険被保険者資格取得届』、『健康保険・厚生年金保険保険料納入告知書送付依頼書』が必要になります。
健全経営と従業員の雇用をしっかり守るために全て必要な手続きとなります。

【スポンサードリンク】

Go Top