会社設立定款

【スポンサードリンク】

定款とは会社運営上の根本規則を定めたもので、いわば“会社内の憲法”と呼ばれる大切な部分です。本店所在地の管轄の公証役場からの認証を受けて初めて効力が発生します。
この定款の記載事項の中には、『絶対的記載事項課』と『相対的記載事項』などがあります。
絶対的記載事項には、“会社の商号”、“事業目的”、“設立時の出資額”、“本店所在地”、“発起人の氏名と住所”、“発行予定の株式総数”など必ず記載しなくてはならない部分が含まれます。
相対的記載事項は、必ず記載しなくても良い事項でもありますが、載せることで法的効力が生じるため、会社をより安全に運営し、また会社の顔を明確化させるために“取締役の任期延長及び取締役の員数”や“株式譲渡の制限に関する規定”などは記載した方が良いでしょう。
また、『任意的記載事項』という法的には効力を持たない記録事項がありますが、経営上記録しておいた方が良いと思われる内容をここで記載します。“定時株主総会の招集時期”などです。
作成したら発起人全員が記名と押印をし、公証役場提出用と設立登記申請書用と会社保存用に計3部作成します。
より良い会社を築くために、定款の要項はしっかり協議しましょう。

【スポンサードリンク】

Go Top